クリスマスオーナメントの描き方:10の簡単な描画プロジェクト

ラーニング クリスマスオーナメントの描き方 オーナメントにはさまざまな種類がありますが、まずはその種類を知るところから始めましょう。

目次 show クリスマスオーナメントとは? Types Of Christmas Ornaments To Draw a Christmas Ornament: 10 Easy Drawing Projects 1.かわいいクリスマスオーナメントの描き方 2.伝統的なクリスマスオーナメントの描き方 3.リアルなクリスマスオーナメントの描き方 4.ユニークなクリスマスボールを描く方法 5.クリスマスエンジェルオーナメントの描き方 6.クリスマススタートッパーを描く方法 7.描き方クリスマスベルのオーナメント 8.スノーグローブオーナメントの描き方 9.キャンディケーンオーナメントの描き方 10.ジンジャーブレッドオーナメントの描き方 ステップバイステップ 材料 ステップ1:円を描く ステップ2:トッパーを描く ステップ3:フックをつける ステップ4:シャインをつける ステップ5:背景をつける(オプション ステップ6:カラー クリスマスオーナメントの描き方 FAQ クリスマスオーナメントはどこでできた?起源は? オーナメントは何を象徴しているのか?

クリスマスオーナメントって何?

クリスマス・オーナメントとは、クリスマス・ツリーに飾る単品の飾りのことです。 最初のオーナメントは果物や木の実、ろうそくでしたが、現在ではボ-ブルや星、天使など、選択肢はほぼ無限にあります。

クリスマスオーナメントの種類と描き方

  • バブルス/ボール - クリスマスの定番オーナメントです。
  • スターズ-。 星は木の上や枝につく。
  • エンジェルズ - エンジェルもツリートッパーとしてよく使われますが、枝を保護するためによく飾られます。
  • サンタ/トナカイ/エルフ -。 世俗的なオーナメントは、どんなツリーにも共通する可愛らしさがあります。
  • ベル-。 クリスマスとジングルベルは、クリスマスの絵にもう一つの感覚的な側面を加えています。
  • キープセイク -。 オーナメントは、好きなスポーツや番組、玩具などをテーマにしたものが多いですね。
  • ハンドメイド-。 粘土で足跡をつけるなど、手づくりのオーナメントでツリーを自分好みにするのも一案です。
  • ノントラディショナル-。 非伝統的なオーナメントとは、人々が普段ツリーに飾らないようなものを指します。
  • スノーグローブ スノーグローブはプラスチック製で軽量であれば申し分ありません。
  • スノーフレーク/アイシクル 雪の結晶や氷柱の輝きが、ツリーを幻想的に彩ります。

クリスマスオーナメントの描き方:10の簡単な描画プロジェクト

1.かわいいクリスマスオーナメントの描き方

かわいいクリスマスオーナメントに顔をつけると、さらに愛らしさが増します。 Draw So Cuteでは、顔のあるオーナメントの描き方を紹介しています。

2.伝統的なクリスマスオーナメントの描き方

伝統的なガラスのオーナメントには様々な形や大きさがありますが、AmandaRachLeeと一緒にその描き方を学びましょう。

3.リアルなクリスマスオーナメントの描き方

ファインアート・ティップスで、クリスマスボールの描き方をマスターしましょう。

4.個性的なクリスマスボールの描き方

ユニークなクリスマスオーナメントは、あなたの写真に何か特別なものを与えてくれます。 Draw So Cuteが、ユニークな家族のオーナメントの描き方を紹介します。

5.クリスマスエンジェルオーナメントの描き方

天使は、ツリートッパーやツリーに飾るオーナメントとして活躍します。 Zooshiiは、どちらにも使える天使の描き方のチュートリアルを紹介しています。

6.クリスマススタートッパーの描き方

星のツリートッパーは一般的で、クリスマツリードローイングによく描かれます。 シェリードローイングで1つ描けるようになりましょう。

7.クリスマスベルオーナメントの描き方

クリスマスベルはジングルベルとは違います。 Draw So Cuteでクリスマスの絵に合うクリスマスベルを描くことができます。

8.スノーグローブオーナメントの描き方

スノーグローブオーナメントは、プラスチックで空っぽの状態でも素敵です。 Art for Kids Hubにチュートリアルがあるので、それに従って描いてみてください。

9.キャンディケーン・オーナメントの描き方

キャンディケーンは、味も良いオーナメントになります。 アート・フォー・キッズ・ハブで、リボンをつけたものを描いてみましょう。

10.ジンジャーブレッド・オーナメントの描き方

ジンジャーブレッドマンは、クリスマスツリーに飾るのも素敵です。 Draw So Cuteで描いて、実際に作っておやつにしましょう。

クリスマスオーナメントの描き方 Step-By-Step

消耗品

  • 紙媒体
  • マーカー

ステップ1: 円を描く

オーナメントの大部分を占める円を描きます。 複数描く場合は余裕を持たせてください。

ステップ2:トッパーを描く

フックを取り付けるオーナメントの上部を描く。 底にスカラップをつけて味を出す。

ステップ3:フックをつける

オーナメントをツリーに取り付けるためのフックを付けます。 細くて柔軟性のあるものがよいでしょう。

ステップ4:シャイン(輝き)を加える

マーカーアートを作るときは、方向性を気にしないようにしましょう。

ステップ5:背景を追加する(オプション)

背景の木や窓際の枝を描き足すと、絵がぐっと華やぎ、温かみが増します。

ステップ6:カラー

オーナメントは何色でも良いですが、赤が伝統的です。 パターンも自由につけてください。

クリスマスオーナメントを描くためのヒント

  • 自分らしさを演出する - お気に入りの置物など、自分の持ち物を描くことで、どんな絵でも自分のものにすることができます。
  • 木に描く-。 背景のツリーはオーナメントを引き立たせます。
  • グリッターを追加する - glitterはすべてのクリスマスの絵をより良いものにします。
  • 自分の名前や格言を書く - お名前やメリークリスマスなどの文字が入ることで、絵に特別感が出ます。

よくあるご質問

クリスマスオーナメントの起源は?

クリスマスオーナメントの発祥はドイツ 1800年代にハンス・グライナーによって作られたオーナメントが、クリスマスツリーとともに世に送り出されたのが最初とされています。

オーナメントは何を象徴しているのか?

オーナメントの種類によって、象徴するものが異なる .しかし伝統的には、キリストの誕生を称え、家族を守るためのものなのです。

トップへスクロール